タイの不動産最大手、プルックサー・ホールディングスはトンロー2で高級住宅を開発予定

タイの不動産最大手、プルックサー・ホールディングスPruksa Holding
(PSH)は旧社名プルックサーリアルエステイトで2016年に社名・コードを
変更しています。
同社は2017年度に72か所の不動産プロジェクト(約608億バーツ)を
開発予定です。
タウンハウスを39プロジェクト・218億バーツ、
一戸建ては20プロジェクト以上・170億バーツ、
コンドミニアムでは7プロジェクト・121億バーツとなります。
また、6つの高級住宅・99億バーツも開発予定です。

その中の”The Reserve Thong Lor2 ザ・リザーブ・トンロー2″は
110戸数、17億バーツのプロジェクトで高級エリアトンローの
ソイ2地区に建設されます。
BTSトンロー駅からも500mと近いラグジュアリーレジデンスとして
1000万バーツ台から販売開始となっています。

今後10年で大量輸送交通機関のインフラ投資もあり、
大きなインフラ整備、鉄道開発が進むことでバンコクの不動産価値も
上がると同社では分析しています。
2017年度の目標は529億バーツのプレセール、売上は502億バーツを
見込んでいます。

2016年度の1月~9月期業績は売上331億バーツ 純利益40億バーツと
なっています。
速報値発表では2016年度の総売上が460億バーツであったとしています。
2017年度は160億バーツを未開発不動産に投資・購入を進めます。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。