タイ国内30年以上の歴史があるタイ・ベッディング社がホテル事業開始

タイ国内で30年以上の歴史があるタイ・ベッディングThai Bedding 
Co,社はマットレスの製造、ベッド関連製品を扱っています。
同社は2017年ホテルビジネスを進め、10億バーツ掛けて2つのホテルを
展開する予定です。

まずは4億バーツを掛けてバンコク都内バンラック地区のロビンソン
デパート前に8階建て180室のホテルを建設します。
開業時期は2018年としています。

2つ目はチェンマイ県のDhara Dhevi Chiang Maiホテルの近くで
建設予定です。
寝具関連製品展示場も建設を予定しています。
3つ目のホテル以降はプーケットなどで展開予定です。

ホテル運営はBest Western Hotelチェーンでのブランド展開を
進めます。
同社はサービスアパートメント運営ノウハウを持っていて、
既にパパデーン地区のサービスアパート運営を10年以上
手掛けています。

タイベッディング社の2016年度売上は6億バーツ規模で前年比
5%減でした。
売上比率の半分以上がリテール・小売り販売、3億バーツ規模がホテルへの
販売になっています。

同社は”PICASSO”ブランドでベッド、シーツ、枕などの寝具販売を
手掛けています。
2017年度は売上7億バーツを目指しており、タイ国内観光旅行者増加や
ホテルの稼働率増加で同社のビジネスも恩恵を受けられやすいとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。