タイの建設業界市場は2017年度15%増の1.2兆バーツ以上を予想

By: RickCC BY 2.0

タイの建設業界市場では2017年度に15%増加、1.2兆バーツ以上を
予想しています。
タイ政府の進めるインフラプロジェクトが追い風となり、
各社好調になるとしています。
バンコク都市圏での地下鉄、高架鉄道建設、地方鉄道の複線化、
各都市での大規模商業施設開発なども進む予定です。

特にホライズンインフラストラクチャーと呼ばれる道路、鉄道、
陸橋などがメインで、高層建築物など バーティカルインフラ
ストラクチャーは少しずつ伸びる予想です。

タイ建設業協会Thai Contractors Associationでは、2017年度は
非常に有望な時期になるが、どのくらいこの時期が続くかは不明と
しています。
ASEAN域内では2022年まで引き続き建設需要の成長が続くと
見られていて、その中でタイは建設市場が大きく300億~350億USドル
規模で成長しています。

マレーシアでは250億~300億USドル規模での推移、シンガポールでは
180億~250億USドルで推移しています。
ミャンマー、カンボジアはそれぞれ60億USドル、80億USドル規模と
なっています。

タイの大手ゼネコン3社では2016年度の1月~9月期業績が以下のように
なっています。
イタリアンタイ・デベロップメント(ITD) 売上351億5000万バーツ、
純利益―2億9900万バーツ
チョーガンチャーン(CK) 売上394億700万バーツ、
純利益16億6000万バーツ
シノタイ・エンジニアリング (STEC)売上131億8500万バーツ、
純利益7億600万バーツ

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。