インドネシアの自動車最大手、アストラ・インターナショナル、販売好調で業績が回復

インドネシアの自動車最大手、アストラ・インターナショナル
PT Astra International(ASII)では、低価格環境車
low-cost green cars(LCGC)の販売好調で業績が
回復しています。
2016年1月~9月で422,494台、前年比10.5%増でした。
メインで牽引したのはトヨタ、ダイハツブランドでした。

また、8月よりトヨタ・アストラ・モーター新型車のカリヤ
(CALYA)を投入し、ダイハツのシグラ(SIGRA)の兄弟車として
販売を伸ばしています。
インドネシア現地で求められるニーズを満たした本格7名乗り
AセグメントMPVとして開発されました。
アストラブランドの4輪車市場シェアは15年の50%から54%まで
伸びました。

アストラ・インターナショナル(ASII)はインドネシアの
コングロマリットです。
1957年Tjia Kian TieとWilliam Soeryadjayaにより
貿易会社として設立されたのが始まりで、
その後に自動車メーカーとして成長しました。
自動車、二輪車、部品組立て、販売を手掛けています。
また子会社を通じて鉱業、プランテーション開発、金融、
IT事業も展開しています。
2015年度業績は売上184兆1960億ルピア、
純利益14兆4640億ルピアでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。