各LCC航空会社はタイ政府の決定した燃料税導入後に販売促進を増やす

タイエアアジア、ノックエアー、タイライオンエアーなどの
各LCC航空会社では、タイ政府の決定した燃料税導入の後に
チケット販売量を維持するため、より多くのマーケティング
キャンペーンとプロモーションを準備しているとしています。

主要航空会社は、長期的にはジェット燃料税が事業に影響を
与えるとは考えていないものの、各社間の競争はさらに厳しく
なると予想しています。

タイの格安航空LCC会社4社では、タイ政府がジェット燃料税を
引き上げた措置としてタイ国内線運賃を現行価格から片道一律+
150バーツ引き上げると発表しています(国際線は対象外です)。

タイエアアジアThai AirAsia(AAV)ではまもなく
プロモーションキャンペーンの回数を1週間2回へ増やします。
同社は四半期ごとにキャンペーン結果を計測しています。
タイエアアジア社は、2016年6月にタイ免税店最大手、
キングパワーが39.8%の株式をおよそ79.5億バーツで
購入しており、今後経営に参画するとしています。

一方、航空燃料を扱うバンコク・アビエーション・フューエル
サービス社Bangkok Aviation Fuel Services(BAFS)では、
長期的にも大きな影響は出ないだろうと判断しています。
同社はスワンナプーム国際空港、ドンムアン国際空港などの
燃料補充サービスを提供しています。

バンコク・アビエーション・フューエルサービス社(BAFS)の
2016年度1月~9月期業績は売上27億6800万バーツ、
純利益8億7900万バーツでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。