タイ国家放送通信委員会はジャスミン・インターナショナル通信ライセンス更新

タイ国家放送通信委員会(NBTC)は、ジャスミン・インターナショナル
(JAS)社の全額出資子会社であるアキュメンAcumen社の
国際インターネットゲートウェイライセンス5年間延長を許可しました。

Acumen社はタイのブロードバンド通信サービス、”3BB”ブランドを
運営するTriple T Broadband社のインターネットサービスプロバイダー
通信ライセンス延長も得ています。

NBTCからの承認は2007年~2011年、2012年~2016年と継続され、
5年間取得していたType-2ライセンスで独自ネットワークを利用せずとも
通信事業者を展開できる事業認可になっています。

今回Triple T Broadband社へ与えた条件は、さらに15年間の更新で
2026年2月から2032年1月29日まで延ばされています。
※同社は2006年2月29日に20年更新で通信ライセンスを得ていました。
これにより同社は2036年まで979億バーツをかけてネットワークの改善、
拡大を進める計画で、それをもって金融機関からの融資計画を
強化したい考えです。
ブロードバンド・電話回線は15.7万件あり、今後さらに80万件を
追加敷設するとしています。

NBTCは2016年にJAS子会社ジャスモバイルブロードバンド(JASMBB)が
2016年3月期限までの携帯電話4G回線900MHzのライセンス料支払いに
失敗した事例を挙げ、影響を受ける可能性があると示唆していましたが、
今回は無事にブロードバンド側の通信ライセンス更新を認めています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。