タイのプランBメディア社とブライトスカイ社の合弁事業でドンムアン空港に大型デジタルスクリーン設置

屋外広告看板大手のタイ証券取引所上場企業プランBメディア
Plan B Media(PLANB)社と、ブライトスカイメディア
BrightSky Media Co社では、合弁事業で1億バーツを掛け、
ドンムアン空港エリアに102か所の大型デジタルスクリーンを
設置したと発表しています。

両社は50:50の比率で出資を行い、新会社Plan B BrightSky
Mediaを設立しました。
2億バーツ以上の収入を得られるとしており、今後は2Way
コミュニケーションなどの仕組みづくりを進めます。

プランBメディアPlan B Media(PLANB)社の2016年度第3四半期
までの業績は売上18億2800万バーツ、純利益2億9300万バーツでした。

タイの空港内広告セグメントは年間6~7億バーツで、このまま利用客が
増加すれば近い将来10億バーツを超えるとされています。
ターゲット顧客は、銀行、通信、保険、自動車、化粧品、航空業界の
企業です。
消費財、飲料、不動産事業などの企業からの関心も高まっています。

ブライトスカイメディアBrightSky Media Co社はドンムアン空港や
そのほか21のタイ国内空港でメディアスペースを運営しています。
タイでの事業拡大とは別に他のアセアン諸国にも拡大を図っており、
ミャンマーとベトナムの空港でも2017年末までに事業を確立する予定です。