タイ政府財務省は融資スキームのピコ・ファイナンス導入予定

タイ政府財務省は融資スキームのピコ・ファイナンスを導入予定
としています。
事業申請者は関連する規制を含めた全ての必要書類を提出後、
60日以内にピコ・ファイナンスの許可証を取得します。

財務省はピコ・ファイナンス制度が導入されることで、
低所得者がヤミ金融から正規の管理業者へ流れることを
期待しています。
ピコ・ファイナンス業者は年利最大36%が法定利息となり、
一人あたり最大5万バーツまでしか融資できません。

また、登録事業者は最低資本金500万バーツが必要で、
ナノ・ファイナンス登録事業者の5000万バーツよりも
低い登録資本金となります。
ナノ・ファイナンス登録事業者は最大上限年利36%、
貸し手には最大10万バーツとなっています。
またナノ・ファイナンス事業者はタイ全土で展開できますが、
ピコ・ファイナンス事業者は特定の県のみでの営業になります。

これまではヤミ金融業者による違法な金利設定や、
金利の仕組みを理解しない低所得者層に膨大な貸し付けを行うなど
の悪質行為が一般的でしたが、今後はタイ財務省による管轄・管理が
徹底されていくとの見解です。