タイSET上場企業のサハコン・エクイップメントはミャンマーへ展開

タイSET上場のサハコン・エクイップメントSahakol Equipment
(SQ)では、近隣諸国への展開を進めています。
2017年2月にはミャンマーのダウェイでスズ鉱山に関する7年間
契約を結んでいます。

同社は1970年設立、2016年にタイ証券取引所(SET)に新規上場
しました。
銘柄コードは”SQ”でおよそ12億バーツを調達しています。
タイ北部ラムパーン県、ラオス北部ホンサーで炭鉱開発を行う
ほか、鉱山設備・重機などを扱っています。

ミャンマーのダウェイではMyanmar Pipat Co社が開発権を持ち、
SQ社がスズ鉱採掘を進めます。
年間2100トンを予定しています。
同社はタイ発電公社Electricity Generating Authority of
Thailand(EGAT)社とメーモー石炭鉱山の開発、また、ラオスでは
ホンサー石炭鉱山をバンプー子会社のHongsa Power Co社と開発を
進めています。
2015年度業績は売上18億6800万バーツ、純利益8900万バーツと
なっています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。