タイのインフラ投資、タイランド・フューチャー・ファンドが上場予定

タイのインフラ事業へ投資されるタイランド・フューチャー・
ファンドThailand Future Fund(TFF)では、第2四半期に
タイ証券取引所(SET)で400億~500億バーツの価値で取引開始
されるとしています。
同ファンドは、銀行の低金利よりもさらに高い+7~8%利率に
期待するタイ国内投資家向けに設計されています。

同ファンドは2015年11月タイ政府がインフラ整備事業の資金を
調達するため、インフラ・ファンド「タイランド・フューチャー・
ファンド」を設立すると発表。
2016年内に実施予定でしたが、遅れて2017年第2四半期に実施予定と
なっています。

タイランド・フューチャー・ファンドTFFでは400億~500億バーツの
資金で、タイ国営高速道路公社Expressway Authority of Thailand
(EXAT未上場)の3プロジェクトのうち2つに投資予定です。
3プロジェクトは、Chalong Rat高速道路(ラムイントラ~ナロン)、
Burapha Withi高速道路(バンナー~チョブリー)、
Kanchanaphisek 高速道路(バンプリー~スクサワット)と
されています。

また、タイランド・フューチャー・ファンドTFFは第二プロジェクト
としてタイ発電公社(EGAT)及び地方水道公社(PWA)のために資金を
調達する計画です。