タイのセンセーブ運河・バンランプー運河の外国人観光旅行者向けボートサービス

近年、センセーブ運河、バンランプー運河のボートツアーが
外国人観光旅行者の観光の目玉になると期待されています。

同運河を運航しているファミリートランスポート(2002)
Family Transport(2002) Co,社はセンセーブ運河ボートサービス、
クワンリアム水上マーケットを運営しています。
今後、さらに6つのボートを追加し、バンコクの運河ボートサービス
を拡大します。

商業地区ラチャプラソンのプラトゥナーム船着き場から
王宮近くのカオサン地区までをつなぎ観光旅行者向けのサービスと
していきます。
総投資額は6000万バーツになる見通しで、6つの観光用ボートと
各船着き場の改装への投資となります。

同観光サービスは主に中国、韓国、東南アジアからの観光旅行者を
ターゲットとしています。
1日乗り放題チケットは200Bとし、初年度は600万人の利用者を
見込んでいます。

ファミリートランスポートFamily Transport(未上場)は72隻の
輸送船、1日740便を運航、総乗客数は1日当たり5万人となっています。
これまでのメイン事業となる通勤通学向け輸送サービスは年間2億バーツ、
また、クワンリアム市場は300万バーツを生み出しています。