タイの衛星通信、タイコム社は新たな衛星タイコム9の開発を計画

シンガポールの国営投資会社、テマセク・ホールディングスが
出資している、インタッチ・ホールディングスIntouch Holdings
(INTOUCH)社は旧タクシン財閥の通信会社です。
2006年にタクシン元首相よりシンガポールテマセクへ売却されました。
当時の名前はシン・コーポレーション(SHIN)でした。
携帯電話キャリア1位のAIS、衛星通信のタイコム(THCOM)や
インターネットADSL通信のCSロックスインフォ(CSL)などを傘下に
収めています。

2017年2月同社はタイのデジタル通信省と2017年第2四半期までに
タイコム社打ち上げ予定のThaicom9のブロードバンド衛星に関する
法令関係をクリアにすると発表しています。

タイコム(THCOM)社はタイで衛星通信事業を展開する企業で、
インタッチ社が41%出資しています。
これまでも同社とタイ通信省との間でThaicom7、Thaicom8衛星に関して
タイ放送通信委員会National Broadcasting and Telecommunications
Commission(NBTC)のライセンス下で運営されてきました。
2017年現在タイコム社はパートナーとしてCATテレコムへ打診し、
Thaicom 9開発計画を希望していて、投資額は88億バーツを越える
予定です。

2016年5月、同社はアメリカのスペースX社のファルコン9ロケットで
タイコム8の衛星事業打ち上げに成功しています。
タイコム8はタイコム(THCOM)社が運用する通信衛星で、今後南アジアや
東南アジアなどに対して通信サービスを提供するとしています。

タイコム(THCOM)社は大型ブロードバンド通信衛星タイコム4
(IPStar1)など衛星を運営するほか、タイでインターネット接続などの
事業を行っています。
2016年度の業績は売上120億6900万バーツ、
純利益16億1100万バーツでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。