タイビバレッジ傘下のサームスックは代表取締役を交代し、経営陣を刷新

タイビバレッジ傘下のサームスックSermsuk(SSC)は、
F&N Groupで経験豊富なエグゼクティブである
Lester Teck ChuanTan氏を代表取締役に任命して、
経営陣交代を発表しました。

Tan氏は複数の国で小売事業、流通およびマーケティングの
専門知識を持つ人物で、F&Nに入社する前はAsia Pacific
Breweriesにいました。

同社はタイ国内でのノンアルコール飲料市場リーダーを目指し、
持続可能な成長を確実にする使命を推進するとしています。
また、タイビバレッジグループの掲げる”Vision 2020″の
実現を支援するため、同グループすべての事業部門との
シナジー開発も含まれます。

サームスックSermsuk(SSC)社の2016年度業績は
売上23%減、80億9700万バーツ、純利益-8874万バーツと
なっています。

同社は元々はペプシコ社のボトリング事業を行っていましたが、
2012年にペプシコ社側からのパテント権利金引上げによって
アメリカのペプシコ社との関係が悪化しタイビバレッジ系傘下と
なりました。
その後同社は新ブランドとなる炭酸飲料「est」を投入しています。
ソーダ飲料”Crystal Soda” 飲料水”Crystal”なども自社ブランドで、
その他にWrangyer、Oishi、Lipton、Gatoradeなども生産販売
しています。