韓国系Eコマースのイレブン・ストリート”11street”がタイで展開

韓国系Eコマースのイレブン・ストリート”11street”では
16年12月ソフトランチングを発表後、タイで15万件以上が
利用され、2億バーツ以上の取引があったとしています。

同社の扱うカテゴリーはファッション、家電、雑貨、健康、美容、
子供向け商品、レジャー・スポーツ用品、リビング用品などです。
サイト内では9,000社以上のタイ小売店、海外ブランド小売店が
加入しています。

韓国資本のイレブン・ストリート11street(Thailand)社は
タイ最大のEコマースサイトを目指すとしていて、
様々なキャンペーンを展開する計画です。
その一つとして高架鉄道BTS駅の構内(Siam駅、ChitLom駅、
PhromPhong駅)には駅看板から改札機まで大々的に駅内広告を
掲示しています。

同社の特徴の一つとしてワンストップサービスを掲げ、
オフラインからオンラインまでタイ小売事業者を支援していきます。
広告費では3億バーツ以上をかけて韓国人俳優Song Joong-ki、
タイ人女優Nittha “Mew” Jirayungyurnを起用。
“Your Everyday Marketplace”をキャンペーンスローガンとし、
広告を打っています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。