人材派遣のイースタン・テクニカル・エンジニアリング社がタイ二部上場

人事サービス、運転手、電気・通信技術者派遣サービスを手掛ける
イースタン・テクニカル・エンジニアリングEastern Technical 
Engineering社がタイ証券取引所オルタナティブ・インベストメント
市場(MAI)へ上場しました。
証券コードはETEです。

同社は上場前の2月7~9日に新規株式公開(IPO)を実施し、
額面0.50バーツで新株1億4000万株を1株4.20バーツで
公募しています。
IPOで調達した資金は借入金返済と運転資金に充てるとしています。

イースタン・テクニカル・エンジニアリング(ETE)社は20年以上に
わたり人材派遣サービスを手掛けてきましたが、2017年時点で3つの
事業域を持っています。
マネジメントサービス、エンジニアリングサービス、発電・送電事業
を展開しています。
また、事業アウトソーシングサービスやレンタルマネジメントなども
手掛けています。

子会社にはETE Management社、Thai Speedy Management社などを
保有しています。
2016年には事業多角化の一環で再生可能エネルギー事業へ進出し、
太陽光発電を合計出力16.47メガワットで手掛けています。
2015年度の業績は売上で15億8600万バーツ、
純利益では6200万バーツでした。