タイ証券取引所では14企業がダウジョーンズのDJSI構成銘柄に入る

タイ証券取引所(SET)では14の企業がダウジョーンズの安定的、
継続的な指数Dow Jones Sustainability Indices(DJSI)の
構成銘柄に入ったことを発表しています。

新規ではカシコーン銀行Kasikornbank(KBANK)が入り、
以前より入っていた13企業はそのままになっています。
評価ポイントスコア順ではタイオイルThai Oil(TOP)が最も高い
企業となっています。

この他にランキング入りしている企業は、
タイ国営石油(PTT)、PTT石油開発(PTTEP)、PTTグローバルケミカル(PTTGC)、
サイアムセメント(SCC)の5社、また、アドバンスドインフォ(ADVANC)、
エアポートオブタイランド(AOT)、バンプー(BANPU)、CPフーズ(CPF)、
セントラルパタナー(CPN)、IRPC(IRPC)、マイナーインターナショナル(MINT)、
タイユニオン・グループ(TU)の8社がDow Jones Sustainability Emerging
MarketsIndex(DJSI Emerging Markets)に選出されています。

タイ証券取引所(SET)ではASEAN域内で最も構成銘柄数が多かったこと、
社会貢献度やガバナンス、環境対策など様々な構成要素をクリアしている
タイ企業の実績が評価されたとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。