中国のインターネット大手、Baiduはタイでのオンラインマーケティング進出

中国のインターネット大手、Baiduは、オンラインマーケティングで
タイに進出するとしています。
同社ではクロスボーダーマーケティングとしてタイに来る
中国人観光旅行者向けに販売を行う企業へサービス提供すると
しています。

Baidu Thailand社はタイのローカル企業とも提携を進めていくとし、
マーケティング支援と動画制作の2つの事業を進めます。

2016年はおよそ1000万人近い中国人がタイへ観光旅行に来ており、
総観光旅行者の3分の1近くを占め、63億USドル以上を
もたらしています。
そのうち59%は中間~高所得者層の自由な旅行、
41%がパッケージのグループツアーになっているとしています。

Baiduは中国でトップクラスの検索エンジンで中国のインターネット
人口7億3000万人のうち90%が使用しています。
中国語サポートサービスに始まり、Baidu社が提供する
オンラインコミュニティプラットフォームと提携をすることで
集客・マーケティングが見込めるとしています。

同社の想定する顧客はホテル、レストラン、不動産などの会社を
挙げています。
マーケティング分析、ブランドインフルエンサー、
コンサルティングサービスを30,000~100万バーツの間で
サービス提供します。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。