タイで建設・ホテル展開のイタルタイ・グループはCLMV諸国へ注力

建設・ホテル展開などを手掛けるイタルタイ・グループ
Italthai Groupは、5年内に売上高300億バーツを目指します。
特にCLMV諸国へ力を入れ、カンボジア、ラオス、ミャンマー、
ベトナムなどへの投資を強化します。
建設重機、建設ビジネスを中心に展開していく予定で、ラオス、
ミャンマーではホテルマネジメントなどにも進出予定です。

イタルタイ・グループでは2017年目標を172億バーツ、
前年比+16%としています。
同社のCEOはYuthachai Charanachitta氏、主に5つの事業域が
あります。
建設重機(Italthai Industrial Co)
建設サービス(Italthai Engineering Co)
ホテル、ライフスタイルサービス(Onyx Hospitality Group)
食品・飲料サービス(Italthai Hospitality Co)
商業施設、チャオプラヤー川リバークルーズ(The River City Bangkok)

長期事業計画ロードマップでは、総売上高に対する海外売上比率を
10%から約25%に引き上げる予定です。
そのため約30億バーツを投資し90%をホスピタリティ事業、
特にパタヤとプーケットの2つのホテルの開発に投資します。

ホテル事業を展開するOnyx Hospitality Groupは
42のホテルと6622室を管理・運営をしています。
ホテルの半分はタイ国内で、残りは中国本土、香港、スリランカ、
カタール、バングラデシュ、モルディブにあります。
2024年までに所有・管理するホテルの数を99まで増やす計画です。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。