タイの小売り・商業施設開発大手企業、サイアム・ピワット、企業解説

タイの小売り・商業施設開発大手企業、サイアム・ピワット
Siam Piwat Co(未上場)では、サイアムパラゴン、
サイアムセンター、サイアムディスカバリーなどの
大型商業施設を運営しています。
また、2017年以降開業予定のアイコンサイアムIcon Siamの
開発も手掛けています。
同社は新社長としてSanchai Thiewprasertkul氏を
任命しました。
中長期的な開発とビジネスモデルの構築を進めていく計画です。

アイコンサイアムはチャオプラヤー川沿いで開発中の
大型商業施設です。
同ショッピングモールは、9階建て、延べ床面積約52万5000㎡、
日本の百貨店”高島屋”などが入居し合計数500以上の
ブランドショップや小売店が入居します。
敷地内には2つのショッピングコンプレックス、高級コンドミニアム、
ミュージアム、アトラクション施設などが予定されています。

同プロジェクトはサイアムピワット社、不動産開発会社の
マグノリア・クオリティ・デべロップメント、そしてタイの大手財閥、
CPグループの3社共同で進められている超大型プロジェクトです。
別館で建設予定のIcon Luxラグジュリー・ウィングは延べ床面積
約2万5000㎡で、世界的高級ブランドが集結するとしています。

将来的にゴールドラインと直結する計画で電車利用アクセスが
可能になります。
このゴールドラインはジャルンナコン通りを走り、BTSシーロム線や
レッドライン、MRTパープルラインとの連絡路線になる予定です。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。