タイの大手サンダルメーカー、”KITO”キトーは5000万バーツを掛けて新機軸

タイ国内の大手サンダルメーカー、”KITO”キトーは5000万バーツを
掛けてブランドリニューアルを進めます。
新しい市場、若い層をターゲットとして成長率+15%を目指します。

サンダル製造会社Kito Thailand Co Ltdでは、タイのサンダル市場は
緩やかにスローダウンしていて、タイ国内景気の影響を受けたと
しています。
2015年のサンダル市場は60億バーツ、2016年は+5%増で63億バーツに
なっています。

17年度はライフスタイルデザインの新サンダルを投入する予定で、
より若い消費者層をターゲットとします。
マーケティング予算5,000万バーツをオフライン、オンライン両方へ
投資します。
オンライン販売は総売上の10%ほどですが、17年度は20%まで伸びると
予測しています。

KITO社はタイのサンダル市場大手3社の一つで、この他にADDA社
(ADDA Foorware社)やGAMBOL社といった競合があります。