タイ中央銀行は海外から持ち込まれる金融資産、流通証券の新基準を通知

タイ中央銀行ではタイ国内商業銀行などの主要金融機関へ向けて
海外から持ち込まれる金融資産、流通証券についての新基準を
通知したと発表しています。

国際的なマネーロンダリング防止、テロ資金流入を防ぐことを
目的にタイに入国する際45万バーツ以上のタイバーツ資産や
15,000USドル以上の現金を保有する場合、入国時の税関で
申告する必要があると通知しました。

※旧基準では現地通貨の持出しは5万バーツまで
(例外としてラオス、ミャンマー、カンボジア等の国境が
隣接している国へ出国する場合は50万バーツまで)外貨の
持出しは2万USドル相当まで可能でした。

日本側の制限では100万円以上の海外への持ち出しは申告が
必要となります。
※100万円相当額を超える現金などの海外への持ち出し、
海外からの持ち込みをする場合には、日本税関において
所定の届け出が必要です。
申告書は日本税関のホームページからダウンロードができます。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。