タイの芸能・音楽大手、RS社のラジオ放送局子会社、Coolism Co社がインターネットラジオ部門の拡大を目指す

芸能・音楽大手RS社のラジオ放送局子会社Coolism Co社では、
7000万バーツを投じてインターネットラジオ部門の拡大を
目指します。
2017年の売上15%以上をオンラインからの収益になるように
目標設定します。

同社ではラジオ放送は無くなることはないが、インターネットラジオの方へ
シフトしていることを認識しており、既に70%以上、月間で515万人が
インターネットなどを通じてラジオを聞いていると発表しています
(ニールセンタイランド社調べ)。

また、インターネットラジオは影響力が強く、より低いコストで効果的な
広告を打ち出せるようになると予想しています。
ラジオの広告費は2017年は2016年の60億バーツから1~2%増になる
見通しです。

投資額7000万バーツのうち、6000万バーツでラジオオンライン分析
システムを開発予定です。
このプログラムにより効果的なブランド選定、広告出稿が効率化される
としています。
RS社の2016年度業績は売上32億4000万バーツ、
純利益-1億200万バーツでした。