マレーシアの大手発電企業、YTLパワーインターナショナル、企業解説

マレーシアの大手発電企業、YTLパワーインターナショナル
YTL Power International(YTLPOWR)では、シンガポールに
おける5番目の海水淡水化プラントプロジェクトの入札が
株価と業績に好材料となるとしています。
シンガポール政府は2016年7月に西部ジュロン島に
国内5番目の海水淡水化プラントを建設する計画を
発表していました。

YTLパワーインターナショナル社はマレーシア証券取引所
(BURSA)に上場する企業でYTLグループの発電部門になります。
同社の事業は5つに分かれていて、発電事業、
マルチユーティリティ事業、水処理事業、
携帯電話ブロードバンド事業、投資事業を展開しています。
2015年度業績は売上102億4500万リンギ、
純利益10億6200万リンギでした。
子会社であるYTL Communications Sdn Bhdでは、
既に4G回線サービスを提供しています。

YTLパワーインターナショナル社はキャッシュ資産が豊富で
新たな成長ステージとして海外展開を注視しています。
2016年9月末時点でRM95億リンギ以上保有しています。
シンガポールではYTLパワーセラヤYTL PowerSerayaを通じて、
3,100MWの発電能力を保有し第2位の発電会社です。
同社はシンガポールエネルギー市場庁から30年間の事業権を
保有しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。