タイの中堅不動産開発会社L.P.N.デベロップメントはアッパー層へシフト戦略

タイの中堅不動産開発会社、L.P.N.デベロップメント(LPN)では
今後はより外国人投資家に購入してもらうためのマーケティング
戦略へシフトするとしています。
同社はこれまで低所得~中間層向けに住宅販売を手掛けてきましたが、
2017年からは外国人投資家やタイ国内アッパーミドルを狙う戦略を
とります。

L.P.N.デベロップメント社はこれまで売上における外国人購入比率は
2%以下でしたが、10%まで引き上げたい考えです。
同社の代表取締役Opas Sripayak氏は特にシンガポールの投資家に
アピールしていくとしています。

まず、第1号案件としてLumpini Suite Phetchaburi-Makkasanが
あり、636戸数のうちすでに200戸数は販売済みです。
280戸数は外国人による購入目的用に販売を控えているとしています。
今後は中国人向けなども販売を強化するとしています。

L.P.N.デベロップメント(LPN)社では、2017年度に合計200億バーツ
規模で12箇所のコンドミニアムプロジェクトを開始する予定です。
プロジェクトうち8つが平米10万バーツを越えます。
残りの4つのプロジェクトは低所得者層向けとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。