タイでもアニメ、オタク、メイドカフェ産業などの成長

2017年はバンコクでもAKBグループのBNK48グループ誕生が
発表され、アイドルオタク、アニメオタク現象がブームに
なっています。

株式会社KADOKAWAは、タイの総合出版最大手である
Amarin Printing andPublishing(AMARIN)と合弁会社を
設立することに合意、この合弁会社「KADOKAWA HOLDINGS ASIA Ltd」
の設立でマンガ・ライトノベルのタイ語出版事業、訪日観光メディア事業、
デジタルプラットフォーム事業などの共同展開を行うとしています。

日本の漫画・アニメの正規ライセンスグッズ販売事業としては
animate Bangkok Storeが出店しています。
出版大手のKADOKAWA、講談社、集英社、小学館とアニメ・マンガ・
ゲーム関連販売最大手のアニメイトが合弁会社、ジャパン マンガ
アライアンスを2015年に設立。
タイ・バンコクに2016年2月に現地法人を立ち上げ、日本のマンガ・
アニメショップanimateをバンコクの有名ショッピングモール・
MBKセンター7階で出店しています。

バンコクではコスプレイベントも開催されていて、コスプレ雑誌も
発刊されています。
「COSPLAYMODE THAILAND」はタイの若者、コスプレ愛好家に
支持されている雑誌で毎月1回発刊しています。