タイの民間私立病院、BDMSはヤンゴンに医療施設を開業

タイの民間私立病院BDMSはヤンゴンに医療施設を開業すると
しています。
BDMSグループ傘下のNational Healthcare System Co 
Ltd(NHealth)では、ミャンマーパートナーとヤンゴン市内に
医療研究施設を設立しました。

ミャンマーで急成長している医療分野の研究施設として第1歩に
なるとしています。
次のステップとしてカンボジア、インドネシア、フィリピンなどを
候補としています。

National Healthcare System Co Ltd (NHealth)社では
年間売上9000万USドル、前年比25%増でした。
同社はタイ国内で医療システムの提供、医療検査、
病院内リネンサービス、バイオメディカルなどの支援を
行っています。
ミャンマーでは医療ラボラトリーをフォーカスするとしていて、
2つのローカル企業Bahosi HospitalとSea Lion Groupと共に
N Health Myanmar社を設立しました。

同ラボでは、結核、マラリア、デング熱の検査や遺伝子検査、
アレルギー検査などで大きな病院を支援することを目指しています。
投資額は250万USドル、N Health社側でコストを60%負担しました。
今後の結果次第ではミャンマー地方都市マンダレーへの進出も
検討しています。