インドネシアの大手セメント会社、インドセメント・トゥンガル・プラカルサの業績、回復の兆し

インドネシアの大手セメント会社、インドセメント・トゥンガル・
プラカルサPT Indocement Tunggal Prakarsa(INTP)では、
2年連続純利益下落していた業績がようやく回復傾向であると
しています。

インドセメント・トゥンガル・ブラカルサ(INTP)
PT IndocementTunggal Prakarsa Tbkは1985年に設立され、
コンクリート、セメント生産を主力事業とするインドネシア
企業です。
セメント市場第2位の大手で、他に貿易事業、投資事業も
行っています。

また、子会社を通じてセメントおよびレミコンの製造・販売、
採石とトラスの採集も手掛けています。
セメントブランド「Tiga Roda」が知られています。

2017年のセメント消費量は+3~5%増加を予想しています。
住宅ローン金利低下、ローン条件緩和で住宅市場の成長が
予想され、またインフラ投資拡大も進む予想と代表取締役、
Christian Kartawijaya氏がコメントしています。

2016年度業績は売上が前年比-13%減、15兆3600億ルピア、
純利益-11.16%減、3兆8700億ルピアとなりました。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。