タイのボトリング企業、サームスックはCrystal飲料水ブランドを増産

タイのボトリング企業、サームスック(SSC)では3.5億バーツを
投資してタイ南部スラタニ県の生産ラインを増強します。
同グループで販売している飲料水ブランド、”Crystal”の
マーケティングキャンペーンに合わせ、タイ南部での生産量を
増加するとしています。

2016年の飲料水市場は350億バーツ、前年比8%増としています。
Crystalブランドは前年比13%の成長でした。
販売・生産するのはThaiDrinks Co LtdでThai Beverage
Public社の子会社です。

Crystalブランドはタイの飲料水市場で19%を握っています。
1位:Singha Drinking Water 21%。
2位:Crystal Drinking Water 19%
3位:Nestle Pure 12%

サームスック(SSC)社はタイ全国に飲料水生産工場を建設していく
計画で、2016年にはコンケーン県タイ東北部飲料水ボトル生産工場の
生産能力を1か月1500万ボトルまで引き上げています。