タイのボトリング企業、サームスックはCrystal飲料水ブランドを増産

タイのボトリング企業、サームスック(SSC)では3.5億バーツを
投資してタイ南部スラタニ県の生産ラインを増強します。
同グループで販売している飲料水ブランド、”Crystal”の
マーケティングキャンペーンに合わせ、タイ南部での生産量を
増加するとしています。

2016年の飲料水市場は350億バーツ、前年比8%増としています。
Crystalブランドは前年比13%の成長でした。
販売・生産するのはThaiDrinks Co LtdでThai Beverage
Public社の子会社です。

Crystalブランドはタイの飲料水市場で19%を握っています。
1位:Singha Drinking Water 21%。
2位:Crystal Drinking Water 19%
3位:Nestle Pure 12%

サームスック(SSC)社はタイ全国に飲料水生産工場を建設していく
計画で、2016年にはコンケーン県タイ東北部飲料水ボトル生産工場の
生産能力を1か月1500万ボトルまで引き上げています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。