タイ外食チェーンのマッドマン社は二部上場、グレイハウンドなどをさらに出店

タイ国内で外食チェーンを展開しているマッドマンMudman Public(MM)社は
タイの大手証券会社Maybank Kim Eng Securities(Thailand)を
証券幹事に任命し、タイ証券取引所の二部市場(MAI)へ
2017年4月に新規上場予定です。
IPO株価は5~5.50バーツとしています。

代表取締役Nadim Salhani氏は調達資金は国内・海外への
新規店舗開業資金としています。
タイ国内で展開している高級タイレストランGreyhound Cafesを、
1店舗あたり1500万~2000万バーツを投資し
2020年度までに19~22店舗を開業します。
年間計画としては1~2店舗を海外出店する計画で、
まずはヨーロッパ旗艦店舗として英国内に出店を進めます。

この他に同社が手掛けているのが、Dunkin’Donuts、Au Bon Pain、
Baskin Robbinsなどの外食チェーンです。
自社ブランドではグレイハウンドカフェとM-キッチンがあります。

同社が考えるのはライフスタイルとしての外食チェーンです。
衣料、アクセサリーなどを巻き込んだ他ブランドとの提携で
ユニークなコンセプトを打ち出していくとしています。

同社は2016年時点で合計456店舗を展開しており、
Dunkin’Donuts307店舗、Au Bon Pain72店舗、Baskin Robbins34店舗、
Greyhound Cafes28店舗などとなっています。