シンガポールの不動産開発大手、シティ・デベロップメントは2016年業績発表

シンガポールの不動産開発大手、シティ・デベロップメント
City Developments(CDL:C09)では、2016年度業績は売上で
前年比18.2%増の39億500万Sドルと好調でしたが、
純利益が15.5%減となり、6億5322万Sドルでした。
販管費が上昇したためとしています。

2017年後半にはSouth Beach Residences(90戸数)を
販売予定です。
不動産市況を見て判断するとしています。
South Beachレジデンスはビーチロードでの複合開発物件で、
マレーシアのIOIグループとの合弁事業です。

また、Gramercy Parkコンドミニアムの販売もCDL社の売上を
後押しする見込みです。
New FuturaフリーホールドプロジェクトはLeonie Hill Road地区で、
オーチャードロードから5分の場所にあり、124戸数、
2つの36階建てタワーです。

シティ・デベロップメントCity Developments(CDL:C09)社は
シンガポール2位の不動産開発会社で住居用不動産、ホテル不動産開発を
手掛け、ホテルのマネジメントなども行っています。