タイの自動車シートベルトが厳格化へ

タイ政府は2017年4月5日から自動車の運転者と同乗者全員に
シートベルト着用を義務づける規則が施行されると発表しました。
着用しなかった場合は罰金が発生します。

一般自動車と公共バスとで罰金額が異なり、500B~5,000バーツと
されています。
万が一、同乗者がシートベルトを着用せず警察の指導があった場合
にはその場で罰金を請求されます。

また、近年自動車やバイクの規則が厳しくなっていて、
バンコク都庁では歩道におけるバイク走行や逆走を禁止し、
最高で5,000Bの罰金を科すると発表しています。
今後、歩道乗り入れ防止の鉄柵なども導入予定であるとしています。
さらにバイクタクシーなどの交通規則も厳しく取り締まると
しています。

2000年代に入ってからは路上喫煙禁止が厳格された結果、
バンコクでの喫煙ルールが厳しくなった経緯がありました。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。