タイの各金融機関はATMなどでの引き出し資金を準備

タイでは4月中旬13日~15日の間ソンクラーン休暇が始まります。
マレーシア資本金融機関のCIMBタイ(CIMBT)は、ソンクラーン休暇中に
5億バーツの資金を確保したとしています。

同時期はお金の使用が増えるためATMや支店からの引き出しが多く、
同行ではタイ全土の銀行支店に3億バーツ、その他のATMなどに残り、
資金を準備しています。

CIMBタイ(CIMBT)はタイの中堅金融機関で、2016年度の総資産は
2974億バーツ、純利益-6億2900万バーツでした。

同クラスの金融機関としてTISCO銀行(TISCO)があり、2016年度の
総資産2712億7200万バーツ、純利益50億500万バーツでした。

また、不動産ローンに強いLHファイナンシャルグループ(LHBANK)も
同規模クラスの金融機関です。
2016年度の総資産2121億4700万バーツ、純利益26億9600万バーツでした。

最大手金融機関のバンコク銀行Bangkok Bank(BBL)は、ソンクラーン休暇中
にも顧客サービスを提供するため、全国9,500台のATMに現金預金
3,300億バーツ以上準備しました。
ショッピングモールにある330のミニ支店はソンクラーン休暇期間中も
営業予定で、同銀行は人気の高い商業施設エリアのATM現金をしっかりと
管理するとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。