大型デパートを運営するロビンソンデパートとICCが特別セールを実施

タイの上場企業で大型デパートを運営するロビンソンデパート
Robinson Department(ROBINS)は、サハ・グループ旗艦企業、
ICCインターナショナルI.C.C. International(ICC)と提携し、
ソンクラーン期間販売促進キャンペーンを開始しました。
特別割引で消費者へアピールするとしています。

“ICC Super Sale”と名付け夏期間の買い物を楽しむことが出来る
としています。
ICC社が展開する100以上のブランドを最大50%割引で提供します。
同社製品には女性・男性・子供向け衣料、革製品、水着、ランジェリー、
化粧品などのファッション商品が含まれ、4月17日~5月7日まで
全国のRobinson Department StoresとRobinson Lifestyle店で
行われます。

ロビンソンデパート(ROBINS)の2016年度業績は
売上307億6700万バーツ、純利益28億1500万バーツとなっています。

同社はセントラル・グループ傘下企業で大型デパート運営を
手掛けています。
“Robinson”ブランドで大型店舗、大型ライフスタイルスーパーを
展開します。
主にファッションアイテム、化粧品、文具、高級品を扱い、
生鮮食料品などは扱いません。
ベトナムでもRobinson Department Store(Vietnam)社を
展開しています。

I.C.C.International(ICC)の2016年度業績は
売上134億6500万バーツ、純利益9億3600万バーツとなっています。
同社は消費財ブランド大手企業、ファッションブランド取扱い代理店で
サハ・グループ傘下企業です。