タイの老舗ホテル、ドゥシット・インターナショナルはWeChatPayを導入

タイの老舗ホテル経営、ドゥシット・インターナショナル(DST)
では、中国人観光旅行者向けにWeChat Payでの支払い方法を
追加しています。
EコマースサイトKsherとAsset Bright(ABC)のサービスを利用し、
Eペイメント決済が出来るようにしました。

この提携により、レストラン、スパ、アウトレット、
ホテルルームサービスでWeChat Payを利用した支払いが可能となります。
宿泊顧客は、QRコードをスキャンし、関連する料金を自分のアカウント
から差し引くだけでホテル請求書を支払うことができます。

WeChat Payは中国最大のモバイルインスタントメッセージングアプリ
の支払システムの一つで、ユーザーは請求書の支払い、商品注文、
他のユーザーへの送金、およびスマートフォン経由で選択した
店舗での購入に対する支払いを行うことができます。

中国では、既にWeChatユーザーが8億人以上いて、その半数以上が
WeChat Payを使って商品やサービスを購入しています。
中国の全店舗の約90%がWeChat Payを導入済みです。

アセット・ブライトASSET BRIGHT(ABC)社はタイのホテル協会と
協議して中国人旅行社の利便性向上をさらに目指すとしています。
同社はインターネットビジネスとしてabc Payment、ABC e-Auction
などのネットサービス、不動産開発ではABOVE Sukhumvit 39、
ABC Worldなどの開発も進めています。

タイ政府観光局では、2016年に875万人の中国人観光客がタイを訪れ、
外国人旅行者数の27%を占めていると報告しています。