タイ国内不動産信頼感指数は0.7ポイント増加

2017年第1四半期のタイ国内不動産信頼感指数Real Estate 
Confidence Indexは54.2ポイントで、2016年同期の
53.5ポイントから上昇しました。
タイ政府住宅銀行Government Housing Bankの不動産情報
センター調査結果によると、2016年第2四半期以来のポイント
増加となっています。

タイの不動産開発会社各社は、2017年1月~3月の期間では
開発プロジェクト増加に伴い、4月~6月四半期に需要が
拡大し続けると分析しています。

タイ商工会議所大学The University of the Thai Chamber
of Commerceの発表したタイ消費者信頼度指数は、
3月は76.8ポイントで2月の75.8ポイントから1ポイント
上昇しています。
この数字は2015年3月以来の高い数値となっていて、
商品作物価格の上昇、旅行産業の成長などが影響しています。
同大学では2017年後半には景気改善の方向に進むと
分析しています。

インフレ率は低い数字で動いていて食料品インフレ率は2017年
3月で+0.68%でした。
1月は+1.53%、2月は1.0%となっています。