タイの音楽芸能大手、RSでは健康・美容事業部門のLifeStarブランド推進

タイの音楽芸能大手のRS(RS)では、健康・美容事業部門の
Life Starブランドに関して10億バーツの売上を目指します。
同社は通販TV・インターネットショッピングで健康・美容市場の
マーケットリーダーになるとしています。
TVなどの主要メディアと音楽事業と共に重要な収入を生む主要事業の
1つとして健康・美容事業を推進していきます。

特にスキンケア部門へ注力していく計画で、RSの最高経営責任者、
Surachai Chetchotisak氏は同社のヘルス&ビューティー事業拡大は、
タイ国内の健康意識がますます高まっている現在のトレンドと
一致しており、市場が年間+7~8%で伸びているとしています。
同市場は1500億バーツ以上と見込んでいます。

RS社の2016年度業績は売上32億4800万バーツ、
純利益-1億200万バーツでした。
売上内訳の中でメディア事業割合は75%、音楽事業は5%です。
2017年度の総収入は35億バーツを目標としており、そのうち15%が
健康・美容事業からの売上になる計画です。
健康・美容事業は子会社LifeStar Co.が担当しています。

販路としては薬局チェーン大手Watsonsを筆頭に、Eve and Boy、
Tops、Boots、Gourmet Market、7-Elevenなどのモーダントレードと
TV通販(コールセンター1781)で対応し、3年内に10億バーツの売上を
目指します。