タイの食品大手、チャロンポカパーンフーズはキノコ健康飲料を投入

タイの食品大手、チャロンポカパーンフーズ(CPF)では、
BKPスノーキノコ製品を通じて健康飲料市場での地位拡大を
目指しています。
2017年度売上高は1億バーツを目標としています。

同社戦略では消費者を広く惹きつけるためテレビやラジオ、新聞、
SNSなどのソーシャルメディアまで、あらゆるメディアチャンネルの
広告をカバーする販売促進キャンペーンを進めます。
予算は2000万バーツとしています。

BKPスノーマッシュルーム飲料は、3つの味が用意され価格は49バーツ
からです。
Original BKP Snow Mushroom、 BKP Snow Mushroom with Longan
Syrup、BKP Black Mushroomの3種類、6本入は280バーツとしています。
これらはゼラチン状のキノコが豊富に入った飲料で、
健康意識の高い家庭をターゲットとしています。
販売戦略では7-Elevenチェーン、スーパーマーケット、
コンビニエンスストアを含む幅広いチャネルを通じて販売されます。

健康志向、美容志向、栄養ドリンクのトレンドはしばらく続くと
見ていて、同市場の拡大と成長が見込まれています。