マレーシアの自動車販売台数動向に関して

マレーシアでは2017年1月~3月の自動車販売台数が3カ月連続で
成長したことを踏まえ、メイバンク・インベストメント・バンク
Maybank Investment Bankの調査では底を打った感があるとし、
今後6~9ヶ月後には回復の道筋にあると分析しています。

自動車ローン申請と承認件数の上昇傾向は自動車販売回復の
兆候にあると見ていて、17年6月末に予定されているハリ・ラヤ休暇
でも、第2四半期の自動車販売台数が成長軌道に乗ることを
期待しています。

マレーシア自動車協会MAAによると車両販売台数は
16年同期の48,788台に対し、前月の53,717台と10%増加しました。
17年1月~3月第1四半期の販売台数は、
16年同期131,251台と比較して7%増加、140,839台となりました。

2016年通年での販売台数は前年比-13.0%減、合計580,124台でした。
2017年度は横ばいか、上昇の期待が高まっています。

マレーシア証券取引所(BURSA)には、UMW Holdings
(UMWホールディングス)
Cycle & Carriage Bintang(サイクル&カリエッジビンタン)
Oriental Holdings(オリエンタルホールディング)
Tan Chong Motor(タンチョン・モーター)などのマレーシア企業が
上場しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。