タイのSFデベロップメントがメガバンナーにテーマパーク建設

タイで商業開発を進めるSFデベロップメントSF Development
(SF)社では、タイのサムットプラカーン県にある複合商業施設、
メガバンナーMega-Bangnaショッピングモールでテーマパーク
建設を進めます。
アメリカとアジアのテーマパーク企業2社と交渉を開始しています。

既にメガバンナーでは商業スペースの拡大建設工事を進めていて、
IKEAやBIGC、ROBINSなどの大手小売店以外の商業スペースを
増やしていく計画です。

同社は今後の計画としてショッピング・コンプレックスで、
様々なサービスを追加・アップグレードするため25億バーツの投資を
計画しています。
また、メガバンナー開業5周年を記念し、販売促進キャンペーンなどの
予算で2017年は2.6億バーツを投資します。

同周辺地区は急速に住宅地開発も進み、ホテル事業者からも
200室~300室のホテルを建設したい意向を受けています。
ホテル事業者の選定は2017年年内に決定されます。

SFデベロップメントSF Development(SF)社はタイ証券取引所(SET)
に上場しています。
2016年度業績は売上20億600万バーツ、純利益9億6300万バーツでした。