ハイヤーパーチェス、割賦販売を手掛けるシンガー社は不良債権率を下げる目標

タイ証券取引所上場企業、シンガーSinger Thailand(SINGER)
社では、タイ国内のハイヤーパーチェス、割賦販売、家電販売を
手掛けています。
同社は2018年通年で過去20%以上あった不良債権率の下落を
期待しています。
事業再編・効率化によって急激に下落させ、4~5%まで抑えることが
出来るとしています。

同社ではクレジット審査システムを強化し、ローン認証するために
クレジットスコアリングシステムを導入したことで新規貸出がより
効果的になるとしています。
その結果、同社の不良債権(NPL)は大幅に下落すると
コメントしています。

2016年度の業績は売上25億4500万バーツ、純利益1億1900万バーツでした。

Nonglak Laksanapokin最高経営責任者(CEO)は、2017年初めには
およそ30億バーツの貸付残高がありましたが、そのうちの半分が
2016年7月にクレジットスコアリングシステムを適用開始した後の
新しいローンであるとしています。

同社のクレジットスコアリングシステムは、借り手の返済実績を
確認するため、3つの情報源(ナショナル・クレジット・ビューロー、
シンガー社自身、シンガー株式を保有するジェイマートの3組織)
からの信用度調査スコアで判断されます。

また、シンガー社では子会社SG Capital社を通じて
新たに借り換えファイナンシャルローンを提供します。
既存の中小企業の顧客を対象とした新しい自動借り換え商品を
発売しました。
“Car for Cash”ローンは最低金利+6%から借りることが可能です。
このファイナンスローンで同社は15億バーツを得られるとしています。
同社は180店舗、従業員スタッフ13,000名、2017年の融資額は
50億バーツを目指します。