タイ政府住宅銀行は不動産特別ローンを提供予定

タイ政府住宅銀行Goverment Housing Bank(GHB未上場)は
地方の住宅需要を押し上げるため、住宅購入者に11ヶ月間
ゼロ利率に近い特別住宅ローン制度を提供していくと発表しました。

同銀行はラヨーン県、コンケン県、ソンクラー県で開催される
住宅見本市で融資審査の通った借り手が最低利率(MRR)から
-6.5%ポイントまたは年間利息0.25%で11ヶ月間住宅融資が
受けられると発表しました。
12~24ヶ月間の金利はMRRから-2.5%ポイントまたは4.25%と
こちらも低金利となります。

また、タイ政府住宅銀行(GHB)で生まれた不良債権資産の差押物件を
購入した住宅ローン希望者には、24ヶ月間、ゼロ金利の住宅ローンを
提供します。

この特別住宅ローンには頭金20%を現金払いなどにすれば、
より有利な利率で住宅ローンを通すことが可能です。
同行の2017年度目標では新規住宅ローンで1780億バーツ、
2017年の1月~3月では280億バーツを達成しています。