タイの上場企業、スキャン・インターと双日が提携を発表

タイの上場企業、スキャン・インターScan Inter(SCN)は、
CNGガス、LPGガスガソリンスタンド経営を行っています。
今後ASEAN域内での高い需要を予想し、日本の商社双日株式会社と
提携します。

スキャン・インター(SCN)社の代表取締役Ritthi Kitphiphit氏は、
両社で天然ガス製品の新規開発、車両向けガスシリンダー開発などを
進める計画としています。
双日が持つ製品知識、マーケティングノウハウを活かしてASEAN域内
への展開を進めます。

第1段階としてインドネシア市場を目指し、インドネシア政府が進める
ガススタンド設営5000カ所を後押しします。
2016年末時点で112カ所になっています。
第2段階はベトナム市場で、同国でもガス需要が今後高まると見ています。

スキャン・インターScan Inter(SCN)社の2016年度業績は
売上25億2300万バーツ、純利益3億800万バーツでした。
今後、同社はさらにタイ国営石油(PTT)からCNGを購入する予定です。
また、2017年は追加で13カ所のガススタンド設営に投資予定です。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。