2017年最新マレーシア概況に関して(3)

JETROマレーシア2016年末の発表によると、進出している日系企業数
は1,396社。
900社以上がセランゴール州、クアラルンプール、残りはペナン州、
ジョホール州が多い。
業種別では電気・電子製品が最も多く、石油化学、鉄鋼などが続く。
サービス業では商社や販売代理店などが多い。

・マレーシアでの投資コスト
工業団地賃借では1000平米5,000ドル前後、オフィスの場合は100平米
1200ドル前後であるとのこと。
4か月~6か月の保証金、デポジットが必要。

・マレーシア高速鉄道計画に関して
マレーシアとシンガポールを結ぶ高速鉄道の開業時期は2026年を
予定している。
距離:350Km(東京~名古屋間のイメージ))
所要時間90分以内、17年時点では鉄道で6時間半かかる。

マレーシア・クアラルンプール首都圏(720万人)とシンガポール
(530万人)を結ぶ日本で例えると、東京23区(880万人)~
名古屋(226万人)

2010年にマレーシアで高速鉄道計画整備案が浮上
2013年マレーシアのナジブ首相、シンガポールのリー首相が正式合意
2016年高速鉄道ビジネスモデルなどに関して発表 二国間協定が成立
2017年第4四半期、建設に関する国際入札を実施予定

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。