タイの自転車市場、2017年7%増の75億バーツに達する予想

タイの自転車市場は2017年に前年比7%増の75億バーツに達すると
予想されています。
2017年5月にIMPACT MUANG THONG THANIで開催された
International Bangkok Bike2017では自転車メーカー、
自転車ウェア、自転車アクセサリー、観光業・その他の
4ブースに分かれ、自転車市場が活況であることを
発表しています。

同イベントを開催したN.C.C. Exhibition Organiserでは
タイの自転車市場は2017年度75億バーツになり、自転車で45億バーツ、
自転車付属品で30億バーツとそれぞれ増加傾向であるとしています。

低価格帯(10,000バーツ以下)が80~90%のシェアで中間価格帯以上
(20,000~90万バーツ)が残りのシェアとなっています。

特にバンコク首都圏では毎年自転車イベントが各地で開催される
ようになり、自転車愛好家数も年々増加し、2015年は220万人、
2016年は320万人、2017年には400万人まで成長すると見られています。

自転車の取扱店・取引業者は10年前の6~7社から急増し、
70社が展開しています。
実際の小売業者は300社以上、スポーツサイクリングモデルの扱いが
圧倒的に多く90%以上になっています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。