タイでユニオン、マスター、ビザの3社がQRコード決済発表

銀聯カードのユニオンペイ、クレジットカードのマスターカード、
ビザ・インターナショナルの3社はタイ国内でQRコード決済
“QR Code Standard”を発表しました。
携帯電話、スマートフォンをQRコードにかざして決済が出来る
共通システムを導入していくとしています。

同プログラムにはタイ中央銀行も立ち会いました。
今回発表された”QR Code Standard”は小規模の小売店、スーパー、
コンビニなどでQRコード画像を読み取り、同時に決済が可能になる
仕組みです。

利用者、消費者は利用する決済システムを探すことなく利用できる
としています。
今後タイの銀行協会でも2017年から開始したPrompt Payのプログラムに
採用していくことを検討しています。

タイ政府はThailand4.0の下でキャッシュレス社会の実現を目標と
しています。
金融機関、小売店、消費者にとってより簡便、迅速、安全な決済手段に
なると期待しています。
QRコード決済では既に中国でアリペイ、ウィーチャットペイが
先行していますが、タイではまだ現金支払いが多いため、
現金を必要としない社会へのシフトを目指しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。