タイの緑茶飲料大手、イチタンがエナジードリンク市場へ参入を発表

タイの緑茶飲料大手、イチタン・グループ(ICHI)がエナジードリンク
市場へ参入し、2017年5月に新製品T247エナジードリンク発売を
発表しました。

17年末までに年間売上高7億バーツ、タイ国内エナジードリンク市場
2%シェアを目指します。
将来的にはシェア10%を目標とし、5年以内に売上高30億バーツを
目指します。
T247エナジードリンクは1本15バーツ、20-30歳のワーカーをターゲットに
しています。

新会社Ichitan Power Co社がマーケティング戦略を進め、有名俳優を
CMに起用し、マーケティング予算に2億バーツをかけて認知度・関心度を
高めていく計画です。

イチタン・グループ(ICHI)ではエナジードリンク以外にも
タイ国内で高まっている健康志向飲料へフォーカスしていく計画で、
2017年後半にもう1つの新製品を発売予定です。

タイ国内エナジードリンク市場は350億バーツ、トップシェアはオートソパー社
商品のM150で57%を占めています。
続いて、Carabao21.2%、Kratdaeng16%となっています。

イチタン・グループ(ICHI)は2017年末までにCLMV地域
(カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム)各国への進出を
目指します。
ミャンマーではマーケティング活動を開始する予定です。
インドネシアの合弁会社は好調で、1~5月の5ヶ月間で合計200万ケース
売上を達成しました。
2017年全体の当初目標である300万ケースを十分に越える見通しです。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。