タイ証券取引所上場の金融系企業、スリサワッド・コーポレーション、企業解説

スリサワッド・コーポレーションSrisawad Corporation(SAWAD)
社はタイ証券取引所金融業界セクターに上場していて、消費者金融、
担保付消費者ローン、住宅ローン、その他の金融商品、サービスなどを
タイの個人顧客を対象に提供しています。
同社は2017年のローン融資額について、前年比20~30%増を目指します。

スリサワッド・コーポレーション(SAWAD)社の旧社名はSrisawad Power
1979です。
2016年度業績は売上53億3500万バーツ、純利益20億0400万バーツでした。
子会社にSrisawad Power 2014 Ltdを保有し、企業向け融資、自動車ローン
などをメインとしています。

また、スリサワッド・コーポレーション(SAWAD)社は2017年4月に
タイ上場のファイナンス企業、BANGKOK FIRST INVESTMENT&TRUST
(BFIT)社の株式公開買い付けに参加しています。

BFIT社の株式36.35%を保有し、今後社名をSrisawad Financeに変更する
予定です。
同社は4つの貸付免許ライセンスを保有し、商業ローン、プロジェクトファイナンス、
住宅ローン、消費者ローンを提供しています。
BFIT社の2016年度業績は売上3億1000万バーツ、純利益1億2900万バーツでした。