タイのシンハー・エステイト、シンガポールのトリリオン・グローバル社、企業解説

シンガポールの大手不動産投資会社、トリリオン・グローバル
Trillion Global社は、多くの国々に投資ポートフォリオを持ち、
タイ不動産市場への投資認可も受けています。
同社はタイのシンハー・エステイト(S)社とパートナーシップを
組んでおり、16億バーツ相当のマンション・プロジェクトに
投資しています。

同社はタイの不動産価格は他の周辺国と比較して依然として
リーズナブルで、金額は高く無いものの、アセアン投資の地域拠点に
なる可能性が高いとしています。

トリリオン・グローバルは、シンハー・エステイトとのパートナーシップ
を開始し、アソーク地区で建設中のThe ESSE Asok Condominium
プロジェクトの大型ブロック9億バーツ分を購入しています。
この取引は中国、香港、台湾、シンガポールなどの投資家に良い反応を
得られたとしています。

同社は続けてシンハー・エステイトの新開発物件である
The ESSE Singha Complexに7億6,000万バーツ投資することを
決定しています。
シンハー・エステイト社のフラッグシップとなる複合商業施設開発で、
コンドミニアムの総開発費はおよそ45億バーツです。
319戸があり販売価格は1戸あたり800万~6000万バーツ、
2017年3月には8割が予約済みです。
アクセスしやすいアソークとペッブリー通り交差点に位置し、
予約者の30%は外国人でした。

シンハー・エステイト(S)はタイ証券取引所(SET)上場企業です。
2016年度業績は売上36億5700万バーツ、
純利益1億7000万バーツでした。