タイ・エアアジアはBig Cと提携し、LCC航空券の予約と発券を開始

タイ・エアアジア(AAV)社は、タイビバレッジ傘下BJCグループの
Big C Supercenter(BIGC)と提携し、Big Cスーパー内
カウンターでの予約・支払いサービスを開始しました。

Big CのBigカードを保有する顧客には、17年7月末まで
カウンター発券料を無料でサービスするとしています。
また、タイ国内線570バーツから、国際線970バーツからの
プロモーション価格を設定し航空券販売促進キャンペーンを
進めます。

タイ・エアアジアでは、同サービスはオフライン顧客や
オンラインサービスへのアクセスが制限されている顧客との
結びつきを強化させる目的としています。
この新しいサービスにより、バンコクおよびその周辺地域、
全国主要都市でのオフライン予約と支払いが可能になります。

ビッグ・サービスカウンターは2017年6月現在、15のBig C店舗に
設置されています。
バンコク首都圏ではビッグCラジャダムリ、サパーンクワイ、ラマ4世、
ラムイントラ、ランシット、バンヤイなどです。
地方ではチェンマイ、チェンライ、ウドンタニ、ロイエット、コンケン、
マハサラクハム、ブリラム、ウボンラチャタニ、ラヨーンでカウンターが
設置されています。

タイ・エアアジア(AAV)は2016年6月にタイ国内空港免税店大手、
キングパワー社の会長一族が出資し、タイ・エアアジアの
持ち株会社、アジア・アビエーション(AAV)株式の計39%を
取得したと発表しています。