タイでもQRコードによる決済システムや電子財布システムの開発

タイのアユタヤ銀行Bank ofAyudhya(BAY)とカシコーン銀行
Kasikornbank(KBANK)では、共同でQRコードによる
電子財布システムを開発したことを発表しています。
デジタル決済、フィンテックに応用されていくと期待しています。

電子財布システムは閉ループ制御により銀行本部で運用され、
2017年第3四半期からサービス開始予定です。

今後は支払機能に加え、ユーザーと販売者の決済選択肢を広げていく
予定です。
民間企業のR&Dとタイ政府の国家電子決済スキームが加わり、
キャッシュレス社会へ向けて変革を進めていくとしています。

カシコーン銀行は試験的に行員用K+ Walletサービスを開始しています。
ムアトンタニ地区にあるKasikorn Business Technology Group
(KBTG)内で標準化されたQRコード利用を実験的に導入しました。

タイ中央銀行は2017年3月、非カード決済のためのQRコードの規格を
発表しました。
マスターカード、ビザ、銀聯カードの3社による国際決済ネットワーク・
プロバイダーの標準QRコードを認めました。